小太郎ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんだろな。

ちゃんと寝てるかなぁ?

寂しくないかな?

どうやったら喋ってくれるかな?

どうやったら喜ぶかな?

はぁ…なんもねぇとあいつのことばっかり想ってるわ…

スポンサーサイト
  1. 2013/03/10(日) 23:53:05|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裏返し。

沢山の好きが突然途切れると、不安になる。


嫌いになったのだろうか?もう好きじゃないのかな?


不安は好きの裏返し…



  1. 2013/03/10(日) 17:29:23|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最悪。

大事な人に嫌われた。

あぁ…愛されたい気持ちが大事なものを奪ったんだ…

愛されたいから、思ってもいない言葉をはいて、相手の愛の言葉を
求めたんだ。

女々しい愛から出た言葉が大事な人の心に穴を空けて、言葉が届かなくなった。

積み上げたものを壊して、再生してもらわないと愛を確かめられない。
幼稚な愛の確認作業。

馬鹿だったわ…

最低な俺。

何でそこまで愛されたいんだろう?

何で求めてばっかりなんだろう?

はぁ。


  1. 2013/03/09(土) 07:46:32|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮設店舗、売上減少。

震災後に仮設の店舗で運営していた商店街の売上げが減少。


二年経てば、客足も遠退きだし、人々の熱情も冷める。


根本的な改善策を考慮する時期となる。
  1. 2013/03/07(木) 13:21:31|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬景色℃

春には桜が舞い、夏には花火の残響が哀しみをあらわす。秋には紅葉との別れが
淋しさを引き立たせる。宴の後の静けさは、淋しさを余韻として残すように。


その点、冬は厳しい寒気が身体を一切の幻想から遮断するように思われて、余韻
を拒否するようである。


時のうつりゆく哀しみを色なき季節が慰めるとみれば、実に愉快でたまらない♪


  1. 2013/03/07(木) 01:47:39|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。